2017年03月31日

デンマーク・アクセサリーブランド「ANSUZ Acoustics」販売開始へ

フューレンコーディネート社は4月よりデンマーク「ANSUZ Acoustics」の輸入、販売を開始します。
同社のMichael BorresenとLars Kristensenが設立した、スピーカー・ブランド「Raidho Acoustics」とアンプ・ブランド「Advik Acoustics」はすでに国内での販売を行っていますが、この度アクセサリー・ブランドの「ANSUZ Acoustics」が加わることになりました。
「ANSUZ Acoustics」はケーブルや電源ボックスなど多くの製品を開発していますが、第一弾としてダークツ・レゾナンス・コントロール(インシュレーター)が輸入されます。
P1060815.JPG
今回試聴したモデルは3層のアルミニウム・ベースの間にセラミックボールを各3個、計6個挟んだ「Darkz Aluminium」
サイズは高さ22.5、直径44mmで価格は29,000円(1個・税別)です。
P1060814.JPG
P1060812.JPG
真空管式コントロールアンプ(ATC-3改)のインシュレーターとして試聴。
全帯域のディテールや音階が明瞭となり、特に重低域の沈み込みと解像度は見事です。
また、音が痩せたり(細く)せず、特有のキャラクターも感じさせません。

今後上位モデルやケーブル類が発売されます。ご期待ください。

posted by artcrew at 15:22| 新製品情報

2017年02月28日

ESOTERIC高音質ソフト新譜情報

エソテリック名盤復刻シリーズより新たに2作品が3月20日に発売になります。

メンデルスゾーン:交響曲第3番≪スコットランド≫
シューマン:交響曲第3番≪ライン≫

オットー・クレンペラー(指揮)
フィルハーモニア管弦楽団、ニュー・フィルハーモニー管弦楽団

詳しい内容は、
ESSW90159_Jacket(m).jpg

ドビュッシー:前奏曲集第1巻&子供の領分

アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)

詳しい内容は、
ESSG90160_Jacket(m).jpg
先行予約受付中です。ご検討よろしくお願い致します。
092-842-2555
artcrew@nifty.com
posted by artcrew at 11:35| ソフト特集

2017年02月25日

NOTTINGHAM 「Deco」 その3

昨年発売され国内外で評価の高い、オーディオテクニカ社のダイレクト・パワー・MCカートリッジ「AT-ART1000」を取り付けました。

ダイレクト・パワーとは、スタイラスチップの真上に左右独立のコイル(8ターン・空芯巻き)を、0.6mmの磁気回路のギャップに配置し発電する方式です。
DSC_0022.JPG
磁気ギャップ間にコイルを正確に配置するため調整用のネジが沢山あります。
また、構造が複雑なので、自重を軽く、しかも強度アップのためベース部にチタンを採用。(自重11g)
DSC_0023.JPG
発電効率を良くするため、針圧は個体ごとに違います(当店の個体は2.1gです)
DSC_0024.JPG
(上3枚の写真は、メーカーの大型カットモデルです)
P1060788.JPG
肝心な音は、レコードに刻まれている信号を全て取り出し、立ち上がりが早くチャンネルセパレーションも良い爽快なサウンドです。
ゆったり音楽に浸る聴き方ではなく、構えて音楽に向き合うお客様、、、如何でしょうか。

それにしても、NOTTINGHAM「Deco」はS/Nが良いプレーヤーで感心します。

チャンスがあれば、光カートリッジ DS Audio「DS002」も取り付けてみたいと思います。

posted by artcrew at 19:35| アナログプレーヤー特集

2017年02月22日

NOTTINGHAM 「Deco」その2

ノッティンガムのアナログプレーヤー「Deco」セッティングから2日間回し続けています。
ますます滑らかさが増し、音の見通しも良くなっています。

昨日のPLATANUS「2.0S」(36万円・税別)も重厚さや密度感がレベルアップ。
一聴の派手さは有りませんが、長時間アナログに浸っていたいピラミッド・バランス・サウンド。
P1060780.JPG
夕方よりMy Sonic「Eminent GL」(35万円・税別)に付け替えました。
パッと明るさが増し、サウンドステージも広がります。
色々な楽曲を聞いてみたくなるフラット・バランス・サウンド。
P1060786.JPG
同じ価格帯ですが、それぞれに違う個性、魅力が有り、システムや楽曲などでカートリッジを選ばれたら如何でしょうか。

次回は、ダイレクト発電のaudioーtechnica「AT-ART1000」を取り付けてみたいと思います。
posted by artcrew at 18:19| アナログプレーヤー特集

2017年02月21日

NOTTINGHAMアナログプレーヤー「Deco」試聴中

ノッティンガム社はロビンフッドで有名なイングランド「シャーウッドの森」に1970年に設立されたアナログ専門の工房。

「沈黙」という「静」の極致に立って感じることの出来る「動」の高揚・・・が同社の永遠のテーマ。

日本に輸入されている8機種中のフラグシップモデル「Deco」をセッティング&試聴。

メインプラッター上に回転ピッチ計測器を設置し、正確な水平を調整
P1060775.JPG
柔らかめのアロイ素材の最下段のメインプラッター上部にダンピング効果の優れたコンポジット・ラバーを敷き、更にカーボングラファイト製HDプラッターを載せた3重構造。
ボディーはリッジトもフローティング・セッティングも可能な二重構造。
P1060779.JPG
今日はPLATANUS 2.0sカートリッジ、Phasemation EA-1000の組合せ
P1060780.JPG
「静寂の空間に音像が浮かび上がる」「豊潤」という言葉が一番当てはまるアナログプレーヤーです。

明日はMySonic製カートリッジを取り付け予定です。
posted by artcrew at 18:23| アナログプレーヤー特集