2018年02月24日

ESOTERIC高音質ソフト・新譜情報

エソテリック名盤復刻シリーズより新たに2作品が3月9日に発売になります。

チャイコフスキー/ドヴォルザーク:弦楽セレナード
コリン・デイヴィス(指揮)
バイエルン放送交響楽団

 仰ぎ見るような壮大さ!バイエルン放送響の弦楽セレクションから暖かく重厚な響きを引き出す名匠デイヴィスの手腕が刻印された名盤。あの「ベートヴェン序曲集」に匹敵する名録音、ついにハイブリットディスク化。

詳しい情報は、こちら をご覧ください。
ESSD-90179_Jacket-s.jpg

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲
ラヴェル:ツィガーヌ、サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ

チョン・キョンファ(ヴァイオリン)
プレヴィン(指揮)ロンドン交響楽団、ケンペ(指揮)ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団ほか

 作品の本質に鋭く切れ込むチョン・キョンファ全盛期の凄まじいヴァイオリン。鮮明なデッカ・サウンドの最も理想的な形での世界初ハイブリット化が実現。

詳しい情報は、こちら をご覧ください。
ESSD-90180_Jacket-s.jpg

先行予約受付中です。ご検討よろしくお願い致します。
092-842-2555
artcrew@nifty.com
posted by artcrew at 15:02| ソフト特集

2018年01月07日

新春試聴会のお知らせ

2018イベント第1弾.jpg

どうぞ、ご来店の上、ご体験下さい。
posted by artcrew at 11:08| イベント情報

2017年12月27日

年末年始休業のお知らせ

 12月28日(木)から1月4日(木)まで休業させていただきます。
 1月5日(金)より通常営業いたしますので、新年もよろしくお願い致します。
                         スタッフ一同
正月.jpg
posted by artcrew at 16:33| お知らせ

2017年12月20日

リトアニア製アナログプレーヤー「Reed」試聴開始 その2

革新的な技術でアナログ・サウンドを進化させ続けるReed社のスタンダード・モデル、
ターンテーブル「Muse1C」と10.5インチアーム「Reed2G」の組合せです。

1c+2g-1.JPG
試聴機はベルトドライブですが、フリクション(アイドラ)ドライブ仕様も年末ラインナップに追加されています。
1c+2g-2.JPG
回転速度は、16回転からSPレコードの78回転まで対応(初期SPの80、83回転にも調整可能)
1c+2g-3.JPG
アームの「Reed2G」は、レーザーガイドのレーザーをシェルガイドに合わせることで、目視ではなく、アームの水平やアジマスを±0.1mm精度で調整出来ます。
1c+2g-7.jpg

1月21日(日)まで試聴可能です。
どうぞ、ご来店の上、ご体験下さい。
アートクルー
092-842-2555

posted by artcrew at 18:17| アナログプレーヤー特集