2017年02月25日

NOTTINGHAM 「Deco」 その3

昨年発売され国内外で評価の高い、オーディオテクニカ社のダイレクト・パワー・MCカートリッジ「AT-ART1000」を取り付けました。

ダイレクト・パワーとは、スタイラスチップの真上に左右独立のコイル(8ターン・空芯巻き)を、0.6mmの磁気回路のギャップに配置し発電する方式です。
DSC_0022.JPG
磁気ギャップ間にコイルを正確に配置するため調整用のネジが沢山あります。
また、構造が複雑なので、自重を軽く、しかも強度アップのためベース部にチタンを採用。(自重11g)
DSC_0023.JPG
発電効率を良くするため、針圧は個体ごとに違います(当店の個体は2.1gです)
DSC_0024.JPG
(上3枚の写真は、メーカーの大型カットモデルです)
P1060788.JPG
肝心な音は、レコードに刻まれている信号を全て取り出し、立ち上がりが早くチャンネルセパレーションも良い爽快なサウンドです。
ゆったり音楽に浸る聴き方ではなく、構えて音楽に向き合うお客様、、、如何でしょうか。

それにしても、NOTTINGHAM「Deco」はS/Nが良いプレーヤーで感心します。

チャンスがあれば、光カートリッジ DS Audio「DS002」も取り付けてみたいと思います。

posted by artcrew at 19:35| アナログプレーヤー特集