2017年12月20日

リトアニア製アナログプレーヤー「Reed」試聴開始 その2

革新的な技術でアナログ・サウンドを進化させ続けるReed社のスタンダード・モデル、
ターンテーブル「Muse1C」と10.5インチアーム「Reed2G」の組合せです。

1c+2g-1.JPG
試聴機はベルトドライブですが、フリクション(アイドラ)ドライブ仕様も年末ラインナップに追加されています。
1c+2g-2.JPG
回転速度は、16回転からSPレコードの78回転まで対応(初期SPの80、83回転にも調整可能)
1c+2g-3.JPG
アームの「Reed2G」は、レーザーガイドのレーザーをシェルガイドに合わせることで、目視ではなく、アームの水平やアジマスを±0.1mm精度で調整出来ます。
1c+2g-7.jpg

1月21日(日)まで試聴可能です。
どうぞ、ご来店の上、ご体験下さい。
アートクルー
092-842-2555

posted by artcrew at 18:17| アナログプレーヤー特集