2017年09月17日

AUDIO NOTE 純銀線を用いたシェルリードワイヤー「SL-115」発売開始

同社伝統の純銀線を用いたシェルリードワイヤー「SL-115」(21,600円)が発売されました。sl-115-1.JPG
線径の違う銀線を複数ブレンドさせ、音楽を色彩豊かに、より伸びやかに再現します。sl-115-2.JPG
外装はシリコンチューブを採用。
長さ4cm×4本 重さ0.2g×4本

常時在庫有り。お問い合わせ下さい。
アートクルー
092-842-2555


posted by artcrew at 16:27| 新製品情報

2017年08月01日

AUDIA・Reed・YG ACOUSTICS 新製品試聴 8月20日まで

■ アナログプレイヤー
  リトアニア・Reed社製フラグシップ・ターンテーブル「Muse3C」
  (レーザーガイド式トーンアーム「Reed5T」の組合せ)
■ プリアンプ
  イタリア・AUDIA社製フラグシップ・プリアンプ「Strumento n1 mk2」
■ パワーアンプ
  イタリア・AUDIA社製フラグシップ・モノラルパワーアンプ「Strumento n8」
■ スピーカー
  アメリカ・YG ACOUSTICS社製「Hailey1.2」


8月1日システム.JPG

 超絶な精度のアナログプレーヤー。異次元の感情表現と駆動力を融合させたアンプ。そして、完璧な位相特性と周波数特性を両立させた造形美の極致のスピーカー。
 さて、この組み合わせから放たれる音は・・・。
どうぞ、ご来店の上、ご体験下さい。

posted by artcrew at 15:37| 新製品情報

2017年07月26日

リトアニア製アナログプレーヤー「Reed」試聴開始。

ソビエト時代に従事した軍事音響技術とその後のオーディオ・エンジニア時代の技術を融合させた、リトアニア・Reed社のアナログプレーヤーを試聴開始しました。

革新的な技術が各所に散りばめられ、それらを美しいデザインで表現した魅力的な商品です。
詳しい説明はメーカHPに任せるとして、特長箇所を紹介します。

試聴機の組合せは、プレーヤ―「Muse 3C」、アーム「Reed 5T」
3c5t-1.JPG
駆動方式は、ベルトとフリクション(アイドラ)で切替が可能。慣れれば4~5分で切替できます。
写真上はフリクション(アイドラ)、中はベルト、下は切替スイッチです。3c5t-2.JPG3c5t-3.JPG
3c5t-4.JPG
水平は電子傾斜計で正確な設置が可能です。4個のランプが点灯しないように調整します。3c5t-9.JPG
更に画期的技術が、アームの位置と動きをレーザー光と受光部で検知し、常に音溝と針先が直角になるようアームの支点をリニアモーターで移動させるタンジェンシャルトーンアームです。
3c5t-5.JPG3c5t-6.JPG
また、アームパイプもストレート型だけではなく、新たにユニバーサル・シェルに対応したアームパイプも登場しました。(アーム発注時は同価格で、後で買い足しも14万円・税別で出来ます。シェルは付属しません)3c5t-8.JPG
肝心な音質ですが、アナログか、デジタルか、と言った論議やオーディオ用語が無意味に感じる程、とにかく自然(ナチュラル)。いつまでの音楽に浸っていたくなる感覚に陥ります。

8月20日(日)まで試聴可能です。これは!と思われる愛聴盤をご持参下さい。是非この機会にご体験下さい。
ご来店お待ちしております。









posted by artcrew at 20:20| 新製品情報

2017年06月14日

保管、持ち運びも可能なカートリッジ・キーパー発売

(有)アレグロより3本のヘッドシェルが収納出来るジュラルミン製キーパーが発売されました。

P1070027.JPG
60種類以上のシェルを研究し、Gシェル、ダブルピン、幅広タイプなど、ほとんどのシェルが収納可能です。
また、貴重なヘッドシェルを傷つけない工夫もされています。
P1070029.JPG
ネジなどを収納する小物ケース、ピンセット、ヘッドシェル上に置いてアームの水平バランスやラテラル調整を確認出来る小型水準器が付属します。
ケースの外観は、
P1070028.JPG
価格は17,000円(税別)、100個限定ですので、シェル付きカートリッジの保管や持ち運びをお考えの方はお早めにお求めください。今なら在庫有ります。

アートクルー
092-842-2555
posted by artcrew at 11:50| 新製品情報

2017年03月31日

デンマーク・アクセサリーブランド「ANSUZ Acoustics」販売開始へ

フューレンコーディネート社は4月よりデンマーク「ANSUZ Acoustics」の輸入、販売を開始します。
同社のMichael BorresenとLars Kristensenが設立した、スピーカー・ブランド「Raidho Acoustics」とアンプ・ブランド「Advik Acoustics」はすでに国内での販売を行っていますが、この度アクセサリー・ブランドの「ANSUZ Acoustics」が加わることになりました。
「ANSUZ Acoustics」はケーブルや電源ボックスなど多くの製品を開発していますが、第一弾としてダークツ・レゾナンス・コントロール(インシュレーター)が輸入されます。
P1060815.JPG
今回試聴したモデルは3層のアルミニウム・ベースの間にセラミックボールを各3個、計6個挟んだ「Darkz Aluminium」
サイズは高さ22.5、直径44mmで価格は29,000円(1個・税別)です。
P1060814.JPG
P1060812.JPG
真空管式コントロールアンプ(ATC-3改)のインシュレーターとして試聴。
全帯域のディテールや音階が明瞭となり、特に重低域の沈み込みと解像度は見事です。
また、音が痩せたり(細く)せず、特有のキャラクターも感じさせません。

今後上位モデルやケーブル類が発売されます。ご期待ください。

posted by artcrew at 15:22| 新製品情報