2007年09月16日

三管◇中古 三菱 「LVP-2001」◇査定中!!

程度の良い中古三管プロジェクターが続々と入荷しています。

LVP2001
現在、査定中。全体的にコンディションは良いです。

LVP2001YEAR
2001年製造、納品されており、1オーナー品となっています。

ランニング時間は1960時間。まだまだこれからです。
レンズのコンディションは程々です。目立つ傷と埃はありませんでした。

LVP2001FRONT
ブラウン管のコンディションも悪くありません。
ワイド100インチ天吊で、かなり厳密に設定していた為か、変な癖はありませんが、何度か再調整された後がブラウン管を覗くと確認できました。三菱の川口さんの他、調整名人によって、丁寧に調整されて来たようです。
また、4:3使用時についた焼け付きがそれなりにあります。

LVP2001SCAR
残念ながら、取り外す際に天板に目立つ傷が2箇所ついています。

LVP2001 P2001
P2001のバージョンアップサービスを受けています。

LVP2001 VC2001 VC2001
VC2001も一緒に入荷しました。細かい傷はありますが、目立つ傷はありません。

前オーナーさんは、VC2001とセットで使用して、後でiScanVP+に乗り換えるという使用履歴だったようです。

BR2001 NISSYACM
天吊方法ですが、ニッシャ技研のつっぱり天吊マウントで擬似天吊で使用していました。
天板として、人工大理石が使用されており、ニッシャ技研のお墨付きの耐荷重設計となっています。

現在、一式で販売金額を算定中です。程度の良い中古のLVP2001をお探しの方は、是非一度ご検討下さい!

posted by artcrew at 16:06| お知らせ

2007年09月14日

◇濃厚◇LINDEMANN 822 SACDプレーヤー◇上質◇

822
LINDERMANN 822

LINDERMANN(リンデマン)の822 SACDプレーヤーが9月15日〜17日の三日間、店頭試聴可能となりました。只今デモンストレーション中です。

0914
9月14日店内の様子


濃厚で上質な、LINDERMANNの音の世界を体験に、週末は是非アートクルーへご来店下さい。

822 SACDPLAYER
822正面アップ

822は、上位モデルである820Sに搭載されている多彩な機能を排除して、更に電源ユニットを筐体内に納めた、ベーシックで使いやすいモデルとなっています。

822 TOP822Back
822の天板、及び背面より撮影
posted by artcrew at 19:14| お知らせ

2007年08月24日

◆美音◇OCTAVE(オクターブ)試聴開始です。◇追求◆

OCTAVE(オクターブ)が入荷いたしました。
本日より26日(日)まで、デモ試聴がスタートします。イベント
設置が終わって、音が出始めたので、記念撮影を行ないました。カメラ

HP500SE
OCTAVE 「HP500SE」
正面からの写真です。一つ一つのつまみが綺麗です。わーい(嬉しい顔)

HP500SEback
OCTAVE 「HP500SE」背面より

背面はPhono端子周辺が余裕を持ってレイアウトされています。
レコードがまだまだ現役のドイツならではですね。
スイッチでMMとMCが切換出来るようになっています。便利で面白い仕様です。

メッシュ式の上部筐体より、内部を覗く事ができます。整然と並ぶ回路は見ているだけでわくわくさせられます。

HP500SEback2 HP500SEback3 HP500SEtop
OCTAVE 「HP500SE」背面及び天板より

あまりに中身が面白そうだったので、何度か撮影を敢行してみました。
近寄れる限り、近付いて撮影しましたが・・・限界がありますね。
これ以上は、是非、肉眼でご確認頂きたい所です。

MRE130
OCTAVE「MRE130」正面より

最大出力140W(4Ω)のモノラルパワーアンプです。
拡張型5極管のパラレルプッシュプルという事で、極めて古典的な技術を現代の革新的な技術で補完するという、ユニークな形で生まれました。

また、非常に安定した回路構成と動作保護システムを誇り、高い安定性と長寿命を実現しています。
長く安心してお使い頂くに足る、嬉しい配慮です。

SuperBlackBox
OCTAVE「SuperBlackBox」

事前情報では、普通の「BlackBox」が届くと言う話でしたが、嬉しい事に、「SuperBlackBox」が届きました。これは、良いものです。ハートたち(複数ハート)

先月のイベントで、小原先生が、「SuperBlackBoxを使ってOCTAVEを鳴らすと、別次元の音になる」と言ってましたが、まさにその通りとしか表現しようのない、すごい効果が確認できました。

MRE130 with Blackbox
でも、「SuperBlackBox」一台で472,500円。
モノラルパワーアンプだから、ペアで945,000円。

「・・・・・・。」別次元になるけど、価格も別次元のようです。

ちなみに、BlackBoxについての補足がカタログに記載されていましたので、転載します。

BlackBoxとは?    〜カタログより転載〜
BlackBoxは、OCTAVEのパワーアンプ用の外部強化電源です。
この回路は、オリジナルの電源要領を増強させ、供給電圧の変動を打ち消し、メイン電源の低周波ノイズを抑える為のリザープコンデンサーによって構成されています。

どんな作用があるのか?  〜カタログより転載〜

BlackBoxを接続すると、OCTAVEアンプのサウンドクオリティは全帯域に渡り飛躍的に向上します。
ベースをしっかりと保ちながらも、さらにゆったりと深く響きはじめ、個々の楽器はさらに微妙な表情と音色を聴かせます。
サウンドステージは更に奥行が深くなり、厚みが増します。
しかも透明度がさらに上がります。
電源の安定化は、パワーアンプのパルス出力を増強させ、低感度のスピーカーであっても充分な余裕を持って駆動できるようになります。

いよいよ、本格的な試聴が明日より始まります。
おかげさまで、既にかなり多くのお問い合わせを頂いております。

皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げます。
posted by artcrew at 19:48| お知らせ

2007年08月22日

◆必聴!OCTAVE(オクターブ)がやって来る◆

mre130_03.jpg先月もご案内いたしました、話題の試聴デモ機がいよいよ8月24日(金)に入ってまいります。(繰り返しのご案内になります。)今回も面白いサウンドが期待できそうです!わーい(嬉しい顔)

個性的な技術をふんだんに投入した事で、高音質ハイエンド真空管アンプとして定評のある「OCTAVE(オクターブ)」より、最強&超定番の真空管プリ「HP500SE」と、こだわりの五極管&新回路を使った古くて新しいモノラルパワーアンプ「MRE130」に、強化電源「BLACK BOX」をオマケして、期間限定で店頭デモを行なう事が決定しました。

ちなみに、今回のデモ機郡は、STEREO誌の夏のベスト・バイを席巻しています!
プリアンプの「HP500SE」は、[100万円以上のコントロールアンプ]に選出されています!
パワーアンプの「MRE130」は、[100万円以上のパワーアンプ]に選出されています!

個人的には「HP500SE」の懐かしささえ感じさせるメカメカしい外観に、強く惹かれます。
早くつまみを回してみたいー。ハートたち(複数ハート)

また、15年以上も販売され続けられていると言う同社の看板モデル「HP500」の、ドイツの雑誌のStereoplay誌25周年記念モデルという気合の入りようにも、期待が高まります。

■ デモ期間 ■
8月25日(土)〜8月26日(日)

■ デモ機 ■
真空管プリ「HP500SE」
hp500se_01.jpghp500se_02.jpg
モノラルパワーアンプ「MRE130」
mre130_08.jpgmre130_img01.jpg
外部強化電源「BLACK BOX」
blackbox_02.jpg


posted by artcrew at 15:37| お知らせ

2007年08月21日

お知らせ。

ホームシアター担当水原です。23日(木)〜25日(土)まで3日間夏休みをいただきます。たまにはのんびりさせてください。何かありましたら川崎にご連絡お願いいたします。
posted by artcrew at 18:06| お知らせ