2007年08月24日

◆美音◇OCTAVE(オクターブ)試聴開始です。◇追求◆

OCTAVE(オクターブ)が入荷いたしました。
本日より26日(日)まで、デモ試聴がスタートします。イベント
設置が終わって、音が出始めたので、記念撮影を行ないました。カメラ

HP500SE
OCTAVE 「HP500SE」
正面からの写真です。一つ一つのつまみが綺麗です。わーい(嬉しい顔)

HP500SEback
OCTAVE 「HP500SE」背面より

背面はPhono端子周辺が余裕を持ってレイアウトされています。
レコードがまだまだ現役のドイツならではですね。
スイッチでMMとMCが切換出来るようになっています。便利で面白い仕様です。

メッシュ式の上部筐体より、内部を覗く事ができます。整然と並ぶ回路は見ているだけでわくわくさせられます。

HP500SEback2 HP500SEback3 HP500SEtop
OCTAVE 「HP500SE」背面及び天板より

あまりに中身が面白そうだったので、何度か撮影を敢行してみました。
近寄れる限り、近付いて撮影しましたが・・・限界がありますね。
これ以上は、是非、肉眼でご確認頂きたい所です。

MRE130
OCTAVE「MRE130」正面より

最大出力140W(4Ω)のモノラルパワーアンプです。
拡張型5極管のパラレルプッシュプルという事で、極めて古典的な技術を現代の革新的な技術で補完するという、ユニークな形で生まれました。

また、非常に安定した回路構成と動作保護システムを誇り、高い安定性と長寿命を実現しています。
長く安心してお使い頂くに足る、嬉しい配慮です。

SuperBlackBox
OCTAVE「SuperBlackBox」

事前情報では、普通の「BlackBox」が届くと言う話でしたが、嬉しい事に、「SuperBlackBox」が届きました。これは、良いものです。ハートたち(複数ハート)

先月のイベントで、小原先生が、「SuperBlackBoxを使ってOCTAVEを鳴らすと、別次元の音になる」と言ってましたが、まさにその通りとしか表現しようのない、すごい効果が確認できました。

MRE130 with Blackbox
でも、「SuperBlackBox」一台で472,500円。
モノラルパワーアンプだから、ペアで945,000円。

「・・・・・・。」別次元になるけど、価格も別次元のようです。

ちなみに、BlackBoxについての補足がカタログに記載されていましたので、転載します。

BlackBoxとは?    〜カタログより転載〜
BlackBoxは、OCTAVEのパワーアンプ用の外部強化電源です。
この回路は、オリジナルの電源要領を増強させ、供給電圧の変動を打ち消し、メイン電源の低周波ノイズを抑える為のリザープコンデンサーによって構成されています。

どんな作用があるのか?  〜カタログより転載〜

BlackBoxを接続すると、OCTAVEアンプのサウンドクオリティは全帯域に渡り飛躍的に向上します。
ベースをしっかりと保ちながらも、さらにゆったりと深く響きはじめ、個々の楽器はさらに微妙な表情と音色を聴かせます。
サウンドステージは更に奥行が深くなり、厚みが増します。
しかも透明度がさらに上がります。
電源の安定化は、パワーアンプのパルス出力を増強させ、低感度のスピーカーであっても充分な余裕を持って駆動できるようになります。

いよいよ、本格的な試聴が明日より始まります。
おかげさまで、既にかなり多くのお問い合わせを頂いております。

皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げます。
posted by artcrew at 19:48| お知らせ

2007年08月22日

◆必聴!OCTAVE(オクターブ)がやって来る◆

mre130_03.jpg先月もご案内いたしました、話題の試聴デモ機がいよいよ8月24日(金)に入ってまいります。(繰り返しのご案内になります。)今回も面白いサウンドが期待できそうです!わーい(嬉しい顔)

個性的な技術をふんだんに投入した事で、高音質ハイエンド真空管アンプとして定評のある「OCTAVE(オクターブ)」より、最強&超定番の真空管プリ「HP500SE」と、こだわりの五極管&新回路を使った古くて新しいモノラルパワーアンプ「MRE130」に、強化電源「BLACK BOX」をオマケして、期間限定で店頭デモを行なう事が決定しました。

ちなみに、今回のデモ機郡は、STEREO誌の夏のベスト・バイを席巻しています!
プリアンプの「HP500SE」は、[100万円以上のコントロールアンプ]に選出されています!
パワーアンプの「MRE130」は、[100万円以上のパワーアンプ]に選出されています!

個人的には「HP500SE」の懐かしささえ感じさせるメカメカしい外観に、強く惹かれます。
早くつまみを回してみたいー。ハートたち(複数ハート)

また、15年以上も販売され続けられていると言う同社の看板モデル「HP500」の、ドイツの雑誌のStereoplay誌25周年記念モデルという気合の入りようにも、期待が高まります。

■ デモ期間 ■
8月25日(土)〜8月26日(日)

■ デモ機 ■
真空管プリ「HP500SE」
hp500se_01.jpghp500se_02.jpg
モノラルパワーアンプ「MRE130」
mre130_08.jpgmre130_img01.jpg
外部強化電源「BLACK BOX」
blackbox_02.jpg


posted by artcrew at 15:37| お知らせ

2007年08月21日

お知らせ。

ホームシアター担当水原です。23日(木)〜25日(土)まで3日間夏休みをいただきます。たまにはのんびりさせてください。何かありましたら川崎にご連絡お願いいたします。
posted by artcrew at 18:06| お知らせ

2007年07月23日

■ようやく届きました。ZONOTONE■

ZONOTONE(ゾノトーン) の 「SPケーブル用アクセサリー」がようやく届きました。
RIMG0384.JPG
写真はSPケーブル用分岐端子(22mmφ)SP-BNK22φ(2個で税込\6,300)です。
この価格ではとてもしっかりとした作りと仕上げです。

バナナプラグ、Yラグも届きましたので、とうとうスピーカーケーブルの加工が始まります。

出来上がりが今から非常に楽しみです。
posted by artcrew at 19:41| お知らせ

2007年07月18日

■期間限定 必聴デモ機情報!OTAVE(オクターブ) こだわりのドイツ系真空管サウンド■

「のっぽさん」こと、背の高いPIEGAのスピーカー「TP7」が旅立って行きました。もうやだ〜(悲しい顔)
端正なフォルムからは想像も出来なかった、主張のある中域の充実感は中々得がたい個性です。元気系リボンツィーター式スピーカーとして、記憶に残りそうです。
mre130_03.jpg

さて、新しいデモ機の情報が入ってまいりました。今度のシステムも、面白いサウンドが期待できそうです!わーい(嬉しい顔)

今、個性的な技術をふんだんに投入した事で、高音質ハイエンド真空管アンプとして定評のある「OCTAVE(オクターブ)」より、最強&超定番の真空管プリ「HP500SE」と、こだわりの五極管&新回路を使った古くて新しいモノラルパワーアンプ「MRE130」に、強化電源「BLACK BOX」をオマケして、期間限定で店頭デモを行なう事が決定しました。

個人的には「HP500SE」の懐かしささえ感じさせるメカメカしい外観に、強く惹かれます。早くつまみを回してみたいー。15年以上も販売され続けられていると言う同社の看板モデル「HP500」の、ドイツの雑誌のStereoplay誌25周年記念モデルという気合の入りようにも、期待が高まります。
■ デモ期間 ■
8月25日(土)〜8月26日(日)
■ デモ機 ■
真空管プリ「HP500SE」
hp500se_01.jpghp500se_02.jpg
モノラルパワーアンプ「MRE130」
mre130_08.jpgmre130_img01.jpg
外部強化電源「BLACK BOX」
blackbox_02.jpg


posted by artcrew at 17:38| お知らせ